カテゴリ:話題( 81 )

白血球は相変わらず少ないけれど

医療センターへ定期健診です。

a0351695_22030841.jpg
 白血球は相変わらず少なくて、最低基準値の半分をやっと超えたくらいですが、
 それでもこれで過去最高くらいの数値です。
 血小板は初めて基準値の範囲内に入りました。

 体質というものだろうと思うのですが、
 「はい、また、一年後ということで」、と先生。
 その前にあるドックを含めて、経過観察はつづきます。

 やれやれ・・・

 医療センターのレストランがもうちょっと美味しければ、少しは楽しみになるのですが・・・これがいまいちで・・・
 
[PR]
by kojo-no-mon | 2018-12-07 22:31 | 話題 | Comments(0)

野菜到来?襲来?

知り合いが家庭菜園の野菜を持ってきてくれました。 このほかにネギもたくさん・・・

a0351695_22420167.jpg
 実は先日別の知り合いからも同じ大根2種類とネギと白菜が・・・

 ありがたいのですが、 我が家は3人暮らし。
 ご近所に配ろうにも、どこのお宅もねえ・・・あるんですよ。

 収納スペースにも限りがあり、
 ありがたいんですけどねえ・・・

 はあ~~~
  
[PR]
by kojo-no-mon | 2018-12-03 23:03 | 話題 | Comments(0)

電話番の一日

<2018年10月23日>

今日は、母は朝からゴルフででかけ、ツレアイもオフィスのメンバーも全員出払って、私がひとり留守番で電話番。

誰もいないのはほんとに珍しいことですが、
我が家は家にツレアイの仕事のオフィスがあるので、私は家を離れることができません。

まえもってわかっていますので、お昼の用意も昨日準備済み、とはいえ、ひとりですから、気楽なことといったら!
思いっきり手を抜きました

一日中、私の時間、といきたいところですが、前述のように、いつ仕事関係の来客や電話や、郵便物やらがくるかわかりません。
仕事の内容については私では答えかねますが、
言付けがあれば聞いておくくらいはできます。

ま、結局なにもできないといってもいいようなものです。

でもこのときですから、溜まっていた写真をブログ記事にして、数日分予約投稿できました。

a0351695_15285092.jpg
 なにかのおまけのクッキーと、友人作の白瓜の粕漬けで、ささやか、かつ、きままな3時のお茶でした。

[PR]
by kojo-no-mon | 2018-10-23 15:47 | 話題 | Comments(0)

お知らせ

<2018年8月12日>

お盆が近くなり、毎日ばたばたと過ごしています。
ブログもアップが間に合わず。
お盆休みをもらうことといたしました。

連日の暑さはまだまだ収まりそうにありません。

体調管理に万全を期し、
元気に夏を乗り切りましょう!


[PR]
by kojo-no-mon | 2018-08-12 01:51 | 話題 | Comments(0)

松本へスイカを買いに 2018年7月

<2018年7月21日>

日にちが前後しますが、今年も松本へスイカを買いに行きました。

なぜわざわざ松本までか?

松本・波田は名にし負うスイカの産地で、毎年7月半ばからひと月ほどの間、JAの共撰所でスイカの産直販売が行なわれるのです。
他とは規模が違います。

一番の希望者は母。
スイカ大好きなんです。

試食もできるので、ツレアイの運転で家中で出かけました。

a0351695_00101331.jpg
地元で見慣れているとはいえ、運転しているときはゆっくり眺めてもいられない景色も、たまの助手席で見ると新鮮です。 これは丸子の三角あたり。

a0351695_00102530.jpg
三才山大橋。 いつ見ても深い谷です。 

a0351695_00103860.jpg
松本トンネルを抜けて梓川の堤防へ。 この桜並木は見事です。 花が満開のころに一度走ってみたいといつも思います。 (左下の白い部分は車のフロントガラスに反射する光)

a0351695_00104860.jpg
新村の信号を突っ切って踏み切りを渡り、道なりに進むと、JA松本ハイランドの共撰所に到着です。

a0351695_00111319.jpg
この日は「スイカ祭り」が行なわれており、 スイカの重さ当てクイズや、スイカ以外の農産品などの屋台がたくさんでてにぎわっていました。

a0351695_00105866.jpg
お目当てはスイカのブース。 個人の農家さんが3軒とJAがスイカを販売しています。

a0351695_00112673.jpg
ここはじゃんじゃん試食をだしてくれるので、それがまた大きな目的です。(この手は我が家ではないお客さんの手です)

a0351695_00113936.jpg
屋台の後ろの共撰所の中はスイカがごろごろ・・・。

欲しいのは「紅まくら」という品種ですが、売り場には見当たりません。
昨年も買った農家のおじさんに聞くと、この日は出していないとのこと。 「畑にはあるよ」というおじさんに、
「せっかく上田から買いにきたのに。 待ってるから採ってきてよ」と母。
「いくつ要るだい?」
「大きいの2つ!」 (ひとつあればいいのですが、ひとつではお願いできませんもの。)
 だめもとだったのですが、なんとおじさんが畑から持ってきてくれることになりました。

「30分くらい待ってもらうけど」
「待つ、待つ」

a0351695_00115468.jpga0351695_00120596.jpg
おじさんの軽トラが帰ってきました。 荷台に紅まくらと普通のスイカが並んでいます。 荷台の一番前は5Lサイズですが、中が落ちていそうなので試食に回すとのこと。
 我が家は4Lサイズを2個。
 紅まくらは生産数が少なく、市場にほとんど出回りません。 シャリ感と甘さが特徴です。
 2個のうち1個は、帰りがけに丸子の義妹に持っていくことにしました。

a0351695_00121634.jpga0351695_00122534.jpg
4L1個で10キロ近くの重さがあります。 縦半分では冷蔵庫に収まりきりませんので、横2つに切ります。 これだと野菜室に入ります。

よーく冷やして、おいしく食べました。

おじさん、ありがとう。 来年は電話してから行きます。

[PR]
by kojo-no-mon | 2018-08-06 01:01 | 話題 | Comments(0)

夜風涼風

<2018年7月25日>
 
上田は内陸の盆地ですから、冬は雪は少ないけれど乾燥して寒いです。

一方で夏の日中は暑いです。
もともと雨も少ない土地なので、空気はカラっとしているのですが、
このところは蒸し暑い日や、夜になっても気温が下がらないこともあり、
今年の異常気象の影響は否めません。

昨日(7月24日)の新聞に、23日までの気温の傾向をまとめる記事がありました。
a0351695_23413057.jpg

それを見ると、上田が35度以上の猛暑日の数が一番多い!

かねてより、長野県内で一番暑いのは上田だ。
と、思ってきましたから、「やっぱりね」 と、おおいに納得です。

そして夜・・・
我が家の寝室にはエアコンはありませんが、北以外の3方向にある窓からは涼風が吹き込み、
夏掛けにしているタオルケットを足の先から肩口まで、しっかりかけて寝ました。
これぞ長野の夏の夜風!
気持ちの良い一夜でした。
 
[PR]
by kojo-no-mon | 2018-07-25 23:46 | 話題 | Comments(0)

母の杖

母が杖を使うようになってかれこれ20年ほどになるでしょうか。
いずれは私自身も使うようになるでしょうからと、先行投資のつもりで、良さそうな杖を見つけると注文してきました。

気がつくと5種類ほどになっていました。
これはブログネタと記録になるかも? と思いついて写真に収めてきました。

a0351695_23323792.jpgまず最初に買ったのは左側の杖です。
これは「吉野の桜」を見に行くという両親のために買った、
本格的なトレッキングポールでした。
「吉野の桜」は歩きますから念のために、でした。
山歩きの杖ですが、街でも使えるシンプルなデザインで
父と母と1本ずつ携えて行きました。
この杖は後に父が心筋梗塞で入院した折、リハビリで歩くときに使い、
長らく父用になっていました。

今は2本のうちの1本は車の中に常に置いてあります。
杖がいるのに、持たずに出てしまうことがあるので、「置き杖」です。



やがて母も足を痛めて杖が入用になってきたので、
母のために買ったのが、右側の一本です。
a0351695_23343446.jpgこれは、私がいつも利用するカタログ通販のカタログで見つけたもので、
注文の折、身長を申告すると、
その身長に合わせた長さで作ってくれるという、セミオーダーのような杖でした。
中に特殊なゴムバンドが仕込まれていて、6つ折になるため、
コンパクトにしまえるのが便利です。
身長に合うだけあって、使いやすいそうで、
母が一番気に入って使用頻度も高いため、石突きも一度替えました。
a0351695_23381104.jpg赤い杖ばかり使うのはもったいないと、
母が自分で通販で買ったのが左の2本です。
石突きが4点支持で安定性が高く、
持ち手にライトがついているため暗い道でも便利、のはずでしたが、
チャチなライトで、間もなく壊れて点かなくなってしまいました。

安定しているのは良いのですが、固定されているため、傾斜に沿わないのが難点で、
長さも固定でしかも短めで、思ったほど出番はありません。



そこで、また私が右の杖を見つけました。
長さ調節はもちろんできますし、なにより、石突きがフレキシブルなので、
傾斜のあるところでもしっかり地面をホールドできます。
2本杖にしてもいいように、2本買いましたが、
母の場合、山歩きには2本使っても、普段は1本のほうが歩きやすいのだそうです。
結局この杖が一番使われずにいます。

a0351695_23463454.jpga0351695_23553669.jpga0351695_23502716.jpg
 さて、最近になって、この「ハンドレールステッキ」なるものを見つけました。
 左の2枚の写真は箱に書かれていたイラストですが、わかりやすかったので。 右が実物です。

 よく見る「シルバーカー」は手押しで、ともすれば腰が後ろに引け勝ちになりますが、
 「ハンドレールステッキ」は体の横に沿わせて体重を預けます。
 杖は、突きなおすときに、たとえ一瞬でも自分の足だけで立たなければなりませんが、 その必要がなく、腕が楽です。
 前輪のスポークは左右に揺動し、斜めになってもしっかり体を支えてくれます。
 コンパクトに畳めて自立もします。
 また左右に荷物をかけられるので買い物もできます。 母は初めてこれで買いものに行き、片方に小玉スイカを、反対側にポカリスエットの500ミリのペットボトルを3本ぶら下げて帰ってきました。
 それでも軽く動いたそうです。
 杖と併用すると歩く速度も上がりました。
 最近のヒットです。

a0351695_23491603.jpg「ハンドレールステッキ」と相前後して見つけたのがこのキャリーバッグです。

旅行のときは、私が母と二人分の荷物を普通のキャリーバッグに入れて持ち、
母は手ぶらで杖だけで出かけていたのですが、
このバッグを見つけたとき、 母が、キャリーバッグをもう一方の杖のように支えにすると歩くのが楽だ、と言っていたのを思いだしました。
これは、普通のキャリーバッグと違い、台車の上にバッグを固定している形式で、体に沿わせて歩きます。
バッグと台車をそれぞれ単独で使うことも可能です。
台車の面積はコンパクトで、自動改札も楽に通りますし、列車の通路も問題ありません。
あくまで「杖」の代わりではありませんが、杖のように体を預けることができ、杖を併用することで、歩くのが楽になります。
私が母の足の運びを心配する度合いも軽減しました。

これで、母の杖のパターンも出尽くしたように思います。
私が将来杖が必要になっても、より取り見取りです。

この先、必要になるものがあるとすれば車椅子ということになるでしょう。
それまで、できるだけ長く自分の足で歩いていて欲しいものです。

[PR]
by kojo-no-mon | 2018-07-19 01:43 | 話題 | Comments(2)

文化祭の花火

6月から7月にかけては、市内の高校の文化祭の季節です。
近くの高校でも文化祭で、その後夜祭には毎年花火が上がります。

a0351695_00061794.jpg

a0351695_00064613.jpg

a0351695_00070018.jpg


ベランダからコンデジ、手持ち。 手ぶれ多し。

高校の花火ですから、もともとさほど豪華というわけにはいきませんから、
そもそも地味目ではありますが、
設定のせいもあって、写真も地味になりました。

花火の最後はたいてい華やかですが、
上がりかけたかと思ったら、なんだか尻切れトンボに終わりました。
ひょっとして、最後は失敗だったのかも?
最後は写真も華やかに、と待っていたのですが、残念・・・
 
[PR]
by kojo-no-mon | 2018-07-10 00:20 | 話題 | Comments(0)

尋ね猫

郵便受けにチラシが入っていました。
a0351695_23332289.jpg
いなくなった場所は我が家から800メートルほどのところ。
とすると、少なくとも1キロ圏内くらいにある家々にチラシを配ったとみえます。

必死さが伝わってきます。

買ったものか、譲り受けたものか、経緯はわかりませんが、
縁あって、可愛がっていたでしょうに。

見つかって戻ってくるといいねえ。

[PR]
by kojo-no-mon | 2018-07-01 23:55 | 話題 | Comments(0)

散華

ツレアイの出張先の会社は、毎年6月の末に善光寺でご祈祷していただくそうです。
今年も「ご一緒に」と言われてツレアイも善光寺へ。

善光寺は無宗派ですが、天台宗・大勧進貫主浄土宗・大本願上人が交代で住職を務めます。
今回はお上人様だったそうです。

a0351695_23292937.jpg
ご祈祷の折に撒かれるのが散華。ハスの花びらを模した紙で、香が焚き込められ、邪気を払うとのこと。
ツレアイがいつも何枚か持って帰ってくるのですが、今年はいつにも増してたくさん撒いてくださったとか。

a0351695_23291153.jpg
善光寺は一貫して女性にも開かれてきたお寺でもありますし、せっかくですから、お守り代わりにバッグに入れておくことにします。
[PR]
by kojo-no-mon | 2018-06-28 23:51 | 話題 | Comments(0)