水道管凍結破裂

<2018年1月29日>

 朝から違和感がありました。
 まず、水道の水圧がいつもより弱い感じがしていました。 どこかでたくさん使用しているのかな?と、さほど気にも留めず、そのままに。 
 次に、外に出たとき、水滴が落ちる音がしていました。 あたりを見回しましたが、場所は特定できず、 ちょっと暖かくなったので、屋根の雪が融けて雨樋に流れているのかもしれない、と思うことに。
 そして、午後。 
 びっくりしました。

a0351695_23403156.jpg
え? 水が漏れてる! 水道管が破裂した!

 朝聞こえていた水音は水が漏れる音だったのです。 
 いつから漏れ出したのかはわかりませんが、防止帯の中に染み出していたのが、最終的に外に漏れ出して、目に見えるようになったようです。

 長野ですから、もちろん水道凍結防止帯は巻いていますし、電源も入っています
 先週末の-12℃まで下がったときもなにごとも起きなかったのに、なぜ?

 思うに、土曜日から日曜日にかけてでかけていたため、水を使うことがなく、水道管内で水が動かなかったのが大きな要因かと。
 連日-9℃まで下がっていましたから、凍結防止帯も利かなかったのだろうと思います。
 
 すぐに水道屋さんに連絡。 見に来てもらいました。
 しかし、このところの低温で、凍結・破裂の修理依頼が続出しており、予約でいっぱいですぐには修理はできず、
 家の中で破裂して水浸しのところや、破損がひどく水が吹いているところなど、状態の酷いところをどうしても優先せざるを得ないため、
 まだマシな我が家は、早くても明後日になってしまうとのこと。

 元栓を止めることはできますが、そうすると給湯も、お風呂も、暖房も使えなくなってしまいます。
 幸い、水漏れの量が少なく、そのまま使える状態なので、この漏れた状態のまま、修理を待つことになりました。

 当然のことながら、その間、メーターは回り続けます。
 今回は修理を依頼するも修理会社の責任で修理ができないという、我が家に落ち度のない、やむを得ない状況ですので、
 そうした場合には減免措置が受けられ、申請すれば漏水分の水道料金は還付されるとのこと。
 その手続きも含めてやってくださるということで、明後日を待つしかありません。

 先週の予報では、週明けからは寒波も収まるはずでしたが、 明日の朝は-8℃、 明後日は-9℃の予想です。
 破裂箇所が広がらなければいいけれど。
 心配なあと2日間です。

 
 
 
 


 
[PR]
by kojo-no-mon | 2018-01-30 00:21 | 出来事 | Comments(2)
Commented by shinmama at 2018-01-30 09:51 x
これはこれは、、、大変なことに。
水道管も耐久年数があるので、他にも漏水がなければいいのですが、、、。

今回は 漏水場所がわかっているので すぐに治してもらえると思いますが
ついでに ほかにも漏水が無いか 水道局に音で調べてもらうと良いと思います。
彼らは 糸のような漏水でも音で聞き分けてくれますので、、、。

蛇足ながら、もし表面が土ではなく コンクリートだったら、
コンクリートを塗りなおすのは すぐではなく、水がしみ込んだ土を棒で突いて、締めておいて、
後日、乾いてから土を足し、塗りなおした方が良いかもしれませんね。
すみません、、、いつもの イランお世話です。
Commented by うつきよう at 2018-01-30 23:52 x
shinmama様、

 肝心な箇所を写真にしていませんでした<(_ _)>
 これだけ見ると、なるほど地中から水漏れしているように見えますね。
 水道管は地中ではまず凍りませんので、凍結するのは地上に出ている部分で、我が家も地上部分が凍結しました。
 写真の青い蓋の下に元栓があります。
 防止帯が巻かれて白いのが地上に立ち上がった水道管です。
 水道管は、その先にある、お湯とお風呂の一体型の給湯器に繋がっていますが、そこまでは問題なし。
 さらに、水平に延びて、温水循環暖房システムの熱源器に繋がっているのですが、その間で凍りました。
 熱源器に水を入れるのは冬になって稼動させるときだけですので、それ以外のときは菅内の水が動かず、凍結に繋がったと考えています。
 でも、今まで今回のような事態が一度もなかったことを考えると、凍結防止帯が劣化していた可能性もあります。
 料金を還付してもらえるとはいえ、水がもったいない。
 明日、水道屋さん早く来てくれないかなあ・・・

 今回は原因も場所もわかりやすい漏水でしたが、
 地中となるとわかりませんものね。
 以前、メーターの検針員の方が異常に気付いてくださって、漏水が見つかったことがありました。
 我が家もだいぶ古くなったので、点検は大事です。
 しばらく忘れていたリスクを思い出させていただきました。
 アドバイスありがたかったです。
 
 

<< 赤い月 どんな鳥? >>