満開です・・・梅ですが

 このところの暖かさで一気に満開になりました。

a0351695_06177.jpg
ご近所の梅です。

桜はもう少々お待ちくださいませ。
[PR]
# by kojo-no-mon | 2017-04-08 00:07 | 花便り | Comments(2)

上田観光会館 『千本桜』 これが8軒目!

<2017年4月3日>

 友人と友人のお嬢さんと3人で上田武石(たけし)のお蕎麦屋さんにお昼を食べにでかけました。
 ちょっと期待しているお蕎麦屋さんなのですが、不定休です。
 電話で確かめれば確実だったのですが、もしお休みなら、もうひとつ別の気になるお蕎麦屋さんに行こうということで、、
 とりあえず行って見ることにしました。

その1 『徳田』
 結果は、見事にお休み

 まあ、想定内でもあるので、 気を取り直して次のお蕎麦屋さんへ。

 上田方面に10分ほど戻った、集落の奥のお蕎麦屋さんで、 おいしいといううわさがあります。

その2 『清水屋』
 ええ!? のれんが出ていない・・・
 入り口は開いていたので中に声をかけてみましたが、応答なし。
 のれんが出ていないということはお休みということですね・・・
 これまた残念

 それじゃあ、 前から気になっていたラーメン屋さんがあるので行ってみようか。
 さっきここに来る途中、「営業中」の旗が出ていたと思うよ。

その3 『カモメ』
 なんと着いてみると、「準備中」。 
 お客さんがまだ中にいるようなので営業時間切れのようです。

 さてさてどうしたものか・・・

 そういえばこの先の「和紙の里」は? お蕎麦おいしいって聞くし。

その4 『和紙の里』
 えー!
 「本日休業」。

 そんなあ・・・ 

 じゃあさあ、「丸子中央病院」のレストランに行く?

 病院のレストランですが、一般の人も利用できます。
 野菜中心のヘルシーなメニューが人気です。

 そういえば、途中にラーメン屋さんがあったね。 寄ってみようか。
 一度食べたことあるよね。 悪くなかったと思うけど・・・

その5 『あごばんらーめん』
 うそお! 「定休日」!
 
 なんてタイミングの悪い日! 

 こうなったら 『丸子中央病院』 しかないね。

 このとき時間は2時20分過ぎ。

その6 『丸子中央病院』 レストラン。
 受付時間は午後2時まででした

 なんとまあ・・・

 3人とも万策尽きました・・・
 しかたない、上田に戻ろう・・・

 公園前にできた『草笛』は? 
 『草笛』 はお休みないよね。

その7 『草笛 公園前店』
 そんなあ! 「本日は終了しました」 ですって! 

 はあ・・・
 今日お昼は無し?

 すぐ隣は観光会館です。
 観光会館には蕎麦店 『千本桜』 があります。
 
 「営業中」だ!
 お昼の営業は3時まで。 あと10分。 ぎりぎり間に合いました。 

その8 『千本桜』

a0351695_0203243.jpg
「真田三代」は3種類のセットです。
左から、 「二八」 「田舎」 「さらしな」。 田舎はそば殻まで細かく挽きこんでいるので黒い色になっています。
3種類の違いが楽しめる蕎麦です。 ただつゆが、薄味という意味ではなく、お砂糖の甘さの、甘いつゆです。
好みですが、甘くて濃いのでとくに「さらしな」の繊細な風味と香りが活かされていないように思いました。
個人的には甘くないほうが好きです。

ここの人気メニューのひとつが 「六文銭のかきあげ」
a0351695_0421325.jpg
六文銭はちくわです。 この大判サイズのかき揚げをどうやって揚げるのかなあ! 玉ねぎと桜海老がいい味を出している、さっくりと美味しいかき揚げです。

良かった! どうにかお昼にありつけた!

 
 
 
 

 
 
 
[PR]
# by kojo-no-mon | 2017-04-06 00:54 | ある日のランチ | Comments(2)

想う

 母が、一泊のゴルフ旅行に出かけていきました。
 泊るのは群馬の磯部温泉だそうです。 高速利用で1時間ほどのところです。
 お仲間のみなさんは待ち合わせて3台の車に乗り合わせて行くそうですが、
 母はいつものように、愛車のZでひとりで行きます。

d0264892_00372847.jpg
 母を送り出したら、家の中に人の気配がなくなって、しんと静まりました。
 年に幾日もない、母だけがいない日の、少し慣れない穏やかな午後です。

 ふと行方を想います。
 やがて、母はいなくなっても、同じように穏やかな午後は巡ってくるだろう。 
 そのとき、私の心になにが去来するのだろう。
d0264892_00364756.jpg
 ふっと浮かんだ問いに当然のことながら答えはなく、想像し得る様々な言葉や情景が現れては消え、また現れるままに、
 差し込む午後の日影を眺めていると、目の奥がじわりと熱くなって一筋頬を伝うものがありました。

 母は齢九十になんなんとしています。
 元気です。
 でも、私は少しずつ覚悟を決めていかなければなりません。

[PR]
# by kojo-no-mon | 2017-04-04 02:51 | 独り言 | Comments(2)

ほんとうに10日に咲くのかな?

<2017年3月31日>

市役所に行くのに、上田高校の横を通りました。

a0351695_23085176.jpg
春休みに入っていて静かです。 お堀端はまだ冬枯れ。

a0351695_23103002.jpg
桜のつぼみはまだ固く、咲く気配無し。

開花予想は10日と出ていますが、
ほんとに10日に咲くのかな?
(手前のつぼみにピントを合わせたつもりでしたが、奥の門に合ってしまっていました)

[PR]
# by kojo-no-mon | 2017-04-02 23:24 | 花便り | Comments(0)

手打ちラーメン 『恵比寿屋』

 お昼を食べに出かけた先が、たまたま臨時休業で、さあどうしよう・・・

 母が思いついたのが東御の 『恵比寿屋』 でした。


   以前、東御市に 『刈萱(かるかや)』 というラーメン屋さんがありました。
   手打ち麺にあっさりスープ。 一回にできる量が限られているため時間がかかるのでいつも行列。
   でも、みなさん、じっと順番を待ってらっしゃいました。
   我が家も何度か行きましたが、待つのが苦手なツレアイはとうとう音を上げ足が遠のきました。
   この『刈萱』のご主人が店を閉じることになり、
   残念に思った出入りの肉屋さんのご主人が後を引き継ぐことを申し出、
   レシピを受け継いで開いたのが 『恵比寿屋』。
 
 
 何年前でしょう、『恵比寿屋』 ができた当時、『刈萱』のラーメンが懐かしくなって母を誘って行ったのですが、母が大層気に入って何度か通うことに。

 麺は手打ち。 スープはとにかくあっさり。 

 そのあっさりしているのが良かったのですが、 あっさりし過ぎていて物足りなさを感じるようになり、
母も私も行かなくなっていました。

 「あれからずいぶん経ったし、どうなったかなあ?」
 「行ってみようか。」

 というわけで 『恵比寿屋』 です。

a0351695_0261392.jpg
満席。 中は狭いので名前と車のナンバーを書いて、車中で待機。 席が空くと呼びにきてくれます。

a0351695_0281741.jpg
透き通って、油は一切浮いていないスープは相変わらずです。 麺は手打ち。 チャーシューも自家製。
スープをひと口・・・あ、美味しくなってる! 母と小声で話します。 「良くなってるね」

 ひとことで言えば、美味しかった。
 でも、どこかしら、素人っぽい素朴さを感じます。 年季が入ればきっと味に深みが出るでしょう。

 ※ 麺の美味しさは、前回の 『かじかや』 にひけをとりませんが、
    こってりした味を好む方には向かないと思います。
 
 


   
[PR]
# by kojo-no-mon | 2017-03-30 00:48 | ある日のランチ | Comments(0)