<   2017年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

手打ちラーメン 『恵比寿屋』

 お昼を食べに出かけた先が、たまたま臨時休業で、さあどうしよう・・・

 母が思いついたのが東御の 『恵比寿屋』 でした。


   以前、東御市に 『刈萱(かるかや)』 というラーメン屋さんがありました。
   手打ち麺にあっさりスープ。 一回にできる量が限られているため時間がかかるのでいつも行列。
   でも、みなさん、じっと順番を待ってらっしゃいました。
   我が家も何度か行きましたが、待つのが苦手なツレアイはとうとう音を上げ足が遠のきました。
   この『刈萱』のご主人が店を閉じることになり、
   残念に思った出入りの肉屋さんのご主人が後を引き継ぐことを申し出、
   レシピを受け継いで開いたのが 『恵比寿屋』。
 
 
 何年前でしょう、『恵比寿屋』 ができた当時、『刈萱』のラーメンが懐かしくなって母を誘って行ったのですが、母が大層気に入って何度か通うことに。

 麺は手打ち。 スープはとにかくあっさり。 

 そのあっさりしているのが良かったのですが、 あっさりし過ぎていて物足りなさを感じるようになり、
母も私も行かなくなっていました。

 「あれからずいぶん経ったし、どうなったかなあ?」
 「行ってみようか。」

 というわけで 『恵比寿屋』 です。

a0351695_0261392.jpg
満席。 中は狭いので名前と車のナンバーを書いて、車中で待機。 席が空くと呼びにきてくれます。

a0351695_0281741.jpg
透き通って、油は一切浮いていないスープは相変わらずです。 麺は手打ち。 チャーシューも自家製。
スープをひと口・・・あ、美味しくなってる! 母と小声で話します。 「良くなってるね」

 ひとことで言えば、美味しかった。
 でも、どこかしら、素人っぽい素朴さを感じます。 年季が入ればきっと味に深みが出るでしょう。

 ※ 麺の美味しさは、前回の 『かじかや』 にひけをとりませんが、
    こってりした味を好む方には向かないと思います。
 
 


   
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-03-30 00:48 | ある日のランチ | Comments(0)

手打ちラーメン 『かじかや』

 先日でかけた 『かじかや』 へ再び。

a0351695_1205491.jpg
できた頃から変わらない小さなお店です。

この日のお目当ては「野菜ラーメン」

a0351695_122590.jpg

a0351695_1222418.jpg
上にかかっているのはすりゴマ。
野菜たっぷりなのはいいのですが、 うーん・・・ 
スープに改良の余地有りという気がしました。 なにか、こう、もうちょっと・・・ 野菜の甘みにスープの味が負けているような、でも十分しょっぱいし・・・ なんだろう?

母が知り合いに話したところ、 「おいしいときとそうでもないときがあるのよ」 と言っていたそうです。
この日は「そうでない」日だったかも? 
前回の、ふつうのラーメンのときはまあまあの味でしたから。 

しかし、この手打ち麺はおいしい。
多少スープの出来に課題があっても麺を食べに来たいラーメンでした。
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-03-29 01:53 | ある日のランチ | Comments(0)

お食い初め

<2017年3月25日>

 ツレアイの甥の2番目の子どもの お食い初め でした。

a0351695_0423996.jpg

 ツレアイと結婚したとき、もうちょっと大きかったとはいえまだ小さな赤ん坊だった甥が2人の子のお父さんだものねえ・・・
 
 年をとるはずです。

 
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-03-27 00:48 | 話題 | Comments(0)

チーズフォンジュ

 母が、ゴルフの会の役員会にでかけました。
 会場は市内の洋風居酒屋のようなレストランだったそうです。
 そこで、出たメニューのひとつがチーズフォンジュだったのですが、
 なんでも、ひとりにパンが2切れくらいしかなく、ブロッコリーは柔らかすぎてチーズから引き上げられなかったとか。
 ちゃんとしたチーズフォンジュが食べたい、と言うので 『アトリエ・ド・フロマージュ』 に出かけました。

a0351695_1342990.jpg
                 テーブルの花はアルストロメリア。 ピンク色が春らしい。


待つことしばし。


a0351695_136780.jpg


a0351695_1363992.jpg
写す位置が悪くて、まるで野菜がメインのようになってしまいましたが、 チーズ屋さんのチーズフォンジュは間違いなく、おいしかった。

カップの飲み物はマテ茶。 さっぱりとチーズによく合いました。
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-03-25 01:42 | ある日のランチ | Comments(2)

雪の梢と春の日ざし

<2017年3月22日>

 朝9時過ぎ、 雲が晴れてまわりの山の姿が見えてきたら、
 そう、標高にして600メートルくらいから上でしょうか、
 真っ白な新雪が輝いていて、びっくりしました。
 しかし、春の淡雪。 日がさすと、見る間に融けてなくなっていきます。
 カメラに収める暇も無し。

 でも、たぶん、太郎山に行けば、午後になっても残っているはず。

a0351695_0493996.jpg
登山道の雪はだいぶ減っていますが古い雪の上に朝の新雪の名残のお化粧直し。 真っ白な道になっています。

a0351695_0563757.jpg
さながら氷細工の木々の枝々からきらきらと雫が落ちています。

a0351695_12181.jpg
ドラミングの音を頼りに唐松の幹を見上げると、コゲラが餌を探していました。 300ミリのレンズではこれが限界。

a0351695_135675.jpg
なのでトリミング。 ピントの甘さがバレます。





 
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-03-24 01:14 | 景色 | Comments(0)

早春の雨

<2017年3月21日>

 天気予報によると雪になる時間があるはずでしたが、
 一日中、雨になりました。 
 ずっと乾燥していたので、うるおいの雨です。
a0351695_22461464.jpg
             (コンデジのズームマクロ設定で撮影後トリミング)


[PR]
by kojo-no-mon | 2017-03-22 00:38 | 季節 | Comments(2)

二期作の米

 昨年の暮れのことになりますが、四国に知り合いのいる友人から、二期作のお米をもらいました。

 四国から送ってきたそうで、一期作目のお米も二期作目のお米も、新米とのこと。

 「二期作のお米なんて珍しいでしょ」
 
 確かに、習ったけれど見たことないものなあ。
 社会科の授業みたい。


a0351695_01375969.jpg

 右が一期作、左が二期作目のお米です。
 研いだ感触は二期作目のほうが粒が小さく感じたのですが、こうしてみると違いませんね。
 種類はコシヒカリだそうです。

 味も違いは感じられませんでした。
 今ふだんに食べているのは地元産のコシヒカリ(これもいただきもの)ですが、それと比べると、両方ともあっさりした食感で、炊き上がって炊飯器の蓋を開けたときの香りも、薄い気がしました。
 もちろん、どこのお米も、採れた田んぼによって味が違うので、「四国のお米は・・・」とひとくくりにはできませんが。

 それにしても、一年に2度、新米が食べられるところがあるのだなあ!

 


[PR]
by kojo-no-mon | 2017-03-21 02:12 | 話題 | Comments(0)

50年前のベストセラー

<2017年3月19日>

 上田市中心に発行されている日刊新聞『信州民報』に毎日載っている「50年前の見出し」。
 へえ~、ほお~、と思うことしばし。

 今朝目に付いたのは、50年前のベストセラーでした。 
a0351695_22112358.jpg
 時の流れを感じる・・・

 
 



[PR]
by kojo-no-mon | 2017-03-19 22:26 | 話題 | Comments(2)

今年も三宝柑ゼリー

 今年も、いつも下さる方から 『飯島商店』 の三宝柑ゼリーをいただきました。

a0351695_0185661.jpga0351695_0191988.jpg

a0351695_0195724.jpg


a0351695_0572266.jpga0351695_0593719.jpg

おいしいけれどお高い! こんなときでもなくちゃ、口にはいらないものなあ。

三宝柑ゼリーは冬季の限定。 12月から翌年3月くらいまででしょうか。
たまたま昨年12月、他の方から出始めたばかりのをいただきました。

a0351695_146581.jpg
青みが残るものから、十分熟したオレンジ色のものまで、季節を追って食べられるのも、このお菓子の特徴でしょうか。
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-03-17 01:50 | 味便り | Comments(0)

とうとう咲いた

 とうとう庭の梅が咲きました。

a0351695_150229.jpg

この先1週間、-5℃を下回る予報が出ているけど、大丈夫かなあ。
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-03-16 01:53 | 花便り | Comments(2)