<   2017年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

同級会、その前に湘南の風

<2017年2月17日>

 東京で同級会です。
 
 集合は夕方6時ですが、その前に湘南で女子会。 湘南在住の友人に案内してもらいます。

a0351695_013123.jpga0351695_0162412.jpg

a0351695_017338.jpg

a0351695_0173267.jpg


a0351695_0191895.jpga0351695_0194482.jpg

a0351695_0202923.jpg

a0351695_0205276.jpg


a0351695_0211793.jpg

a0351695_0214897.jpga0351695_022556.jpg
a0351695_0223165.jpga0351695_0224612.jpg
稲村ガ崎から極楽寺まで散策したあとは 『珊瑚礁』 で アンディーブのサラダとビーフカレー のランチ。

さて、江ノ島に行ってみます。 
風が強~い。
a0351695_0232183.jpga0351695_023447.jpg
a0351695_0241569.jpga0351695_0243333.jpg

a0351695_024582.jpg

a0351695_0251968.jpg

a0351695_0254881.jpg

a0351695_0312485.jpg


a0351695_032780.jpg

a0351695_0324679.jpga0351695_033531.jpg
風の中、エスカレーター「エスカー」を使わず、階段を上って頂上まで。 おしゃべりしながらだと、いつのまにか着いてしまいます。 

ちょっと忙しくなってきました。 

a0351695_0334547.jpg
帰りは江ノ電ではなく、「片瀬江ノ島」 から小田急線で藤沢へ。 藤沢から東海道線で新橋へ。
 
10分の遅刻だ!
a0351695_0562988.jpga0351695_056566.jpga0351695_12850.png
湘南も、同級会も楽しかった!

次回は秋。 楽しみです。









 
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-28 01:23 | 話題 | Comments(0)

ドイツのソーセージ ~ニュールンベルガー と ミュンヘナーヴァイスヴルスト~

 上田市のハム工房がつくったソーセージやハムが、3年に1度開かれるドイツの国際大会で金賞を取ったという記事が地元の新聞で紹介されました。
 
 精肉店のご主人が地元産の豚肉に、ドイツから取り寄せたハーブを使い、手作りされているハムやソーセージです。
 ドイツにも修行に行かれたそうで、ドイツに住んでいた方や、こちらに住んでいるドイツ人が 「本場よりおいしい」 と買いに来られるとか。
 私自身はドイツの「本場」の味を知らないのですが、社交辞令の分を差し引いても、きっとおいしいに違いない、と買いに行きました。

 金賞をとった6品のうち、とりあえず ニュールンベルガー と ミュンヘナーヴァイスヴルストを。

a0351695_228492.jpga0351695_229249.jpg 


<ニュールンベルガー>

 細身で焼いて食べるタイプです。

a0351695_2312791.jpga0351695_2315322.jpg
ハーブの香りが良くてビールがすすみます。

<ミュンヘナーヴァイスヴルスト>

a0351695_2375990.jpga0351695_2382187.jpg
「本場」のものはもっと太くて長いのですが、手にとってもらいやすいように、と小さめに作ってあるそうです。
10分から15分、沸騰して火を止めたお湯で湯せんにしたら、皮を剥いていただきます。 甘いマスタードで。

 熱々だけど、ふんわりとして、 口に入れると思わず頬がゆるんで幸せな気持ちになるソーセージでした。

 今回はこの2種類だけを買いましたが、店内にはほかにもいろいろなハムやソーセージがあったので、次は違う種類を味わってみたいと思います。
 
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-26 02:55 | 味便り | Comments(2)

冬に逆戻り

<2017年2月21日>

 朝起きると、真っ白。
 雪が積もってる!
 冬に逆戻り。
 
a0351695_072316.jpg

 でもさすがに日が当たると融けるのも早い。

 でも寒い!
 このところ暖かだったので、なおのこと感じます。

 最低気温 -2℃
 最高気温 +2℃


 夕方、槍ヶ岳がくっきりと。
 遠いのでズームで。

 
a0351695_013414.jpg

 よく晴れています。
 こんな夜は放射冷却がききます。
 明日は寒い朝でしょう。

 予報では朝の最低気温-6℃です。
 
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-22 00:34 | 景色 | Comments(2)

『中村屋』 の 肉うどん

 上田で 「肉うどん」 といえば、その肉は馬肉
 今、上田で 「肉うどん」 といえば、上田駅近くの 『中村屋』。
 誰もが知ってる、庶民の人気店です。
a0351695_22351780.jpg


 昔は 「肉うどん」 を提供する店は他にもあって、私は違う店で食べた記憶があります。
 もしかして、『中村屋』 は初めてかもしれないな・・・

a0351695_22384852.jpg
店にも置いてある、昭和56年の新聞記事の中に 「薬味のネギさえない。」とありますが、 今はネギは乗っています。

a0351695_2243450.jpg
馬肉は脂肪がなく、出汁をとったあととはいえ、柔らかい中に適度が歯ごたえものこり、ほのかに生姜の香りも感じます。
シンプルですが、汁までおいしい 「肉うどん」。
寒い日には体もあたたまります。

「肉うどん」 に ミニの天丼がついた 「セット」 も人気です。 ちらりとお隣の 「セット」 を見たら、冷奴もついていて美味しそうでした。

 前にひとりで食べに来た母は、今回 「鍋焼きうどん」 です。

a0351695_2250108.jpg
ぐつぐつと熱々で登場。 寒い日にはもってこいです。
 
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-18 22:54 | ある日のランチ | Comments(0)

様子見 と 実行

 時間のやりくりがつかず、 3週間ほどご無沙汰の山です。
 雪の状態はどんな様子か、見に行って確かめてきます。

a0351695_136978.jpg<2017年2月13日>
ここまでは問題なし。 道の雪はほとんど融けていました。



<2017年2月15日>
同様です。


a0351695_138645.jpg<2月13日>
最初の直線とその先のカーブ。
なんとか行けるでしょう。



<2月15日>
CLEAR!

a0351695_1415934.jpg<2月13日>
このS字カーブが問題ですが、
大きくコースをとればタイヤをとられず、登れそうです。



<2月15日>
CLEAR!

a0351695_1474776.jpg<2月13日>
おや、ここで苦戦して戻っている車があったようです。
行けそうな気がします。
凍っていませんし、表面も緩んでいます。
スピードの維持が鍵かな?


<2月15日>
CLEAR!

a0351695_151752.jpg<2月13日>
この先は新たなタイヤの跡がありません。
ここしばらく誰も行っていないようです。
見えている橋の手前の坂を上れればいいのですが・・・

<2月15日>
CLEAR!
でしたが、橋でその先を考えた瞬間、
一瞬躊躇してアクセルを緩めてしまいました。
しまった! 
せっかく橋まで来たのに・・・


a0351695_215457.jpg
<2月15日>
橋の上から振り返って撮っています。
いったん止まったら前進はもうできないので、バックで戻り、方向転換して路肩に置いてきました。

ここまで来れたら、もうちょっとで登山口まで行けたのになあ・・・

a0351695_2132169.jpg<2月13日>
橋を渡ったすぐのところ。
ここがちょっと気になっていたので、
つい迷ったのよね・・・


暖かな日が2日ほど続くそうなので、来週になれば登山口まで車で上がれるでしょう。
限られた時間の中では、登山口まで車で来れるのが大事だもの。
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-17 02:21 | 散歩道 | Comments(2)

真っ白!


a0351695_026655.jpg


a0351695_0262743.jpg

さて、これはどこの雪原か? と言いたくなるほど真っ白ですが、車のフロントガラスです。

霜で真っ白。
車体の色もわかりません。

a0351695_0295766.jpg
もとは小さな霜の結晶。

a0351695_0301884.jpg
成長して広がって、

a0351695_0304780.jpg
霜のレースは車を包んでいきます。
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-15 00:33 | 話題 | Comments(0)

光の春遠し

<2017年2月13日>

梅のつぼみが光のジュレをまとっているようです。

a0351695_00004708.jpg
いかにも春が近そうに見えて、どうしてどうして。
明朝は-9度まで下がるそうです。




[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-14 00:12 | 季節 | Comments(4)

雪中葱

 暮れに葱を大きな束でもらったので、庭に埋けておきました。
 鍋のときなど、ちょっと抜いてきて、重宝していましたが、
 1月の雪に埋もれてしまいました。
 
 葱があるのに、葱を買ってきて食べるはめに・・・

a0351695_2334069.jpg

 その後、積もった雪も減って葱も顔を出しましたが、
 また雪が。

 このくらいの雪なら、と思うのですが、
 冷たいしなあ・・・

 もうちょっとの間、買って食べるか・・・
 
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-12 23:37 | 話題 | Comments(0)

点滴通い

<2017年2月8>

 点滴通いといっても私ではなく、母です。

 風邪をひきました。

 先月末、群馬へゴルフ。 中1日で2度行って、 2度目の翌日、普段なら休養に当てる日でしたが、
 かかりつけの診療所へいつもの定期検査にでかけました。

 待合室で、隣に座っていた、マスクをしたおじさんが咳をしていたそうです。 母もマスクをしていましたが、 翌日、母にも咳が。
 おじさんと同じ咳だと言います。 
 体が疲れていて抵抗力が落ちていたのでしょう、うつってきたようです。

 売薬を飲みつつ、安静に務め、 少しはいいのかなあ・・・と思ったのですが。

 咳が出始めて4日後、 またゴルフへ。
 「ゴルフをしなくちゃ直らない」 とか言って、出かけていきましたが、
 気温が下がって昼から雪。 結局仲間みんなでハーフで切り上げたと、早く帰ってきました。

 ところが、これでこじらせてしまったのです。

 熱はないものの、咳、喘鳴がひどく横になって寝られない状態。
 
 たまらず、月曜日に診療所へ。

a0351695_142519.png


 予防接種はしてありますが、幸いインフルエンザでもなく、肺炎にもなっていませんでしたが、
 かなりこじらせて、重症化してしまっていました。
 もう2、3日家で我慢していたら肺炎になっていたかもしれません。」

 点滴と吸入。
 先生いわく「山盛り」の薬を処方してもらいました。

 一週間、点滴と吸入に通うことになって今日(8日)が3日目。 
 通常の定期健診は、母が自分で順番をとって、自分で車で来ますが、今回はそういうわけにはいきません。
 私が送り迎えです。
 点滴は1時間くらいかかるので、いったん家に戻り、頃合いを見計らってまた診療所へ。
 
 常に混んでいる診療所なので、丸半日仕事です。
 1日目、2日目、ほんとうに治るのだろうか、と思うほどでしたが、3日目になって、少しよくなってきたとわかるようになりました。

 「来週までに治ってくれないなかあ」 と母。
 さすがに明日のゴルフはキャンセルしましたが、来週も予定あり。

 少し具合がよくなると、懲りない母です。
 

 
 
 
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-09 01:31 | 話題 | Comments(2)

今どきの調弦スタイル

 ギターの弦を調弦(チューニング)するのに、近頃はクリップチューナーが使われるようになりました。

a0351695_22573247.jpg
ギターの弦は、①E (高いミの音)、 ②B (シ)、 ③G (ソ)、 ④D (レ)、 ⑤A (ラ) 、 ⑥E (①の高いミより2オクターブ低いミ) と並んでいますが、
まず、基音となる ⑤A の音から合わせます。

(実際は抱えて、弾く姿勢で調弦しますが、 写真を撮る都合上、下に置いています。)

a0351695_2363084.jpg
クリップチューナーは、ギターのヘッドにつけて使います。
クリップでなく、膝や譜面台に置いて使えるチューナーもありますが、どちらも、弦の振動を感知して音を認識し、合わせたい音と合ったところで、光ったりして教えてくれます。

a0351695_23212981.jpg
私のチューナーは、高いと赤の部分が点灯し、

a0351695_23223953.jpg
低いと緑の部分が点灯します。

a0351695_23233179.jpg
目的の音と合うと、真ん中の青の線と、その左の三角が光ります。

同様に残りの5本も、それぞれの周波数に合わせていきます。
ちなみに、基音のAは、ギターの場合 440Hz ですが、
バイオリンのような弦楽器や、オーケストラなどでは 442Hz が多いそうです。 444Hz なんていう場合もあるとか。

光り方や形が違うクリップチューナーがいろいろありますが、
私が持っているものは、自分で購入したものではなく、楽器屋さんで弦を買ったとき、セール中でくじ引きをしたら当たって、もらってしまったという、幸運なものです。

ですが、私はクリップチューナーを使ったことがほとんどありません。

どうするかというと・・・
a0351695_2341344.jpg
昔ながらの音叉です。

膝に コン、と当てて、 耳に近づけたり、ギターのボディにつけたりして音を聞くのですが、
私は歯で噛みます。 骨伝道で音が響きますし、両手があくので便利です。

ところが、最近はクリップチューナーが主流で、音叉はあまり使われない みたいです。
事実、習っているギター教室の発表会があったのですが、 参加した22名中、 ギターを始めて間もない4名は先生が合わせましたが、残りの18名中16名がクリップチューナーか、置いて使うタイプの電子式でした!
音叉は私だけ?! 
いささかショックでしたが、なんと、一番若いが音叉を使ったので、ちょっと嬉しくなりました。 
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-07 00:05 | 話題 | Comments(2)