カテゴリ:散歩道( 12 )

様子見 と 実行

 時間のやりくりがつかず、 3週間ほどご無沙汰の山です。
 雪の状態はどんな様子か、見に行って確かめてきます。

a0351695_136978.jpg<2017年2月13日>
ここまでは問題なし。 道の雪はほとんど融けていました。



<2017年2月15日>
同様です。


a0351695_138645.jpg<2月13日>
最初の直線とその先のカーブ。
なんとか行けるでしょう。



<2月15日>
CLEAR!

a0351695_1415934.jpg<2月13日>
このS字カーブが問題ですが、
大きくコースをとればタイヤをとられず、登れそうです。



<2月15日>
CLEAR!

a0351695_1474776.jpg<2月13日>
おや、ここで苦戦して戻っている車があったようです。
行けそうな気がします。
凍っていませんし、表面も緩んでいます。
スピードの維持が鍵かな?


<2月15日>
CLEAR!

a0351695_151752.jpg<2月13日>
この先は新たなタイヤの跡がありません。
ここしばらく誰も行っていないようです。
見えている橋の手前の坂を上れればいいのですが・・・

<2月15日>
CLEAR!
でしたが、橋でその先を考えた瞬間、
一瞬躊躇してアクセルを緩めてしまいました。
しまった! 
せっかく橋まで来たのに・・・


a0351695_215457.jpg
<2月15日>
橋の上から振り返って撮っています。
いったん止まったら前進はもうできないので、バックで戻り、方向転換して路肩に置いてきました。

ここまで来れたら、もうちょっとで登山口まで行けたのになあ・・・

a0351695_2132169.jpg<2月13日>
橋を渡ったすぐのところ。
ここがちょっと気になっていたので、
つい迷ったのよね・・・


暖かな日が2日ほど続くそうなので、来週になれば登山口まで車で上がれるでしょう。
限られた時間の中では、登山口まで車で来れるのが大事だもの。
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-17 02:21 | 散歩道 | Comments(2)

大山祇神社

 太郎山に向かう林道の入り口に里宮の小さなお社があります
a0351695_00340683.jpg
 1月12日、
 太郎山に行こうと通りかかると、お祭りが終わったところでした。
 お祭りといっても、地区の人が10人ほどでお神酒をあげ、お参りしたくらいのようでした。

 私もお参りして、山に向かおうとしたら、
 「これひとつ」と紙袋に入った御供をいただきました。
 家に帰って中をみると、Lサイズくらいのみかんと、豆菓子と柿の種の小袋が3つ。
 ありがたくいただきました。

 里宮は 大山祇神社 です。
 大山祇神社の総本社は、瀬戸内海、「しまなみ海道」が通る 大三島にあります。
 今年、「しまなみ海道」を渡ることになるかもしれません。
 大三島に立ち寄れたらいいな、と思います。

a0351695_01055466.jpg
 太郎山に登って戻ってくると、
 みなさんはすでに帰ってしまっていて、誰もいません。
 供えられたみかんが残っていなければ、
 夢だったのかと錯覚してしまうような、静かな祭りの後です。
 
 

 

[PR]
by kojo-no-mon | 2017-01-14 01:10 | 散歩道 | Comments(2)

信州大学繊維学部

 前あったスーパーが移転して以来、あまり歩くことがなくなった用水路沿いの道は、信州大学繊維学部の裏手にあります。

 古いレンガづくりの建物の奥に、真新しい現代のビル。
 全国的にもめずらしい 「繊維学部」 のキャンパスです。
a0351695_1121482.jpg

[PR]
by kojo-no-mon | 2016-10-14 01:13 | 散歩道 | Comments(0)

お月見まだかな

 近くの休耕田にガマが自生しています。
 お月見のころにはもっと大きくなっているでしょうか。

a0351695_243667.jpg

[PR]
by kojo-no-mon | 2016-09-09 02:44 | 散歩道 | Comments(0)

過ぎ行く夏の高層湿原

 下界が暑い日、ちょっと涼みに行くのが湯の丸の 池の平湿原 です。

 8月上旬、30度を超える我が家を抜け出し、一路山へ。
 
 夏の盛りのころですが、2000メートルの高層湿原には、早や過ぎてゆく夏の気配がありました。

a0351695_2258016.jpg


a0351695_22584440.jpg


a0351695_22591245.jpg


 出会った花々。

a0351695_2324210.jpg


a0351695_2332250.jpg


a0351695_2335941.jpg


a0351695_237044.jpg


a0351695_2373460.jpg


a0351695_238899.jpg


a0351695_2383771.jpg


a0351695_239243.jpg


a0351695_2393791.jpg


ぎりぎりになりましたが、8月中にアップできて良かった。
[PR]
by kojo-no-mon | 2016-08-31 23:12 | 散歩道 | Comments(2)

小川

 車の都合がつかず、
 歯医者さんまで歩いて行きました。
 たいした距離ではないのですが、普段はどうしても車を使ってしまいます。

 帰りはちょっとだけ近い裏の道を通ります。

a0351695_2230395.jpg
人気の蕎麦屋さん 『草笛』を裏手から見て・・・いつものように車がたくさん停まっていますねえ。

a0351695_22324235.jpg
コンクリートで固められていない、こんな小川も、近頃は珍しくなりました。
[PR]
by kojo-no-mon | 2016-06-26 22:35 | 散歩道 | Comments(2)

蓼科・御泉水自然園

<2016年5月18日>

お天気が良いのでどこかに行きたくなりました。

思いついたのが 『御泉水(ごせんすい)自然園』。
名前も知っているし、場所もわかるし、横を通ったこともあるのに、まだ行ったことがないことに気がついたのです。

a0351695_222317.jpg
蓼科・女神湖のほとり、蓼科牧場からゴンドラリフトで登ってすぐのところにあります。

蓼科山の中腹、標高1800メートル付近に広がっていて、遊歩道があります。

a0351695_2252681.jpg
思ったより季節は進んでおらず、シャクナゲが咲いている程度。 そのシャクナゲも、昨年かなり咲いたようで、今年は少なめです。 シャクナゲは一年おきに花が咲くので、来年はまたたくさん咲くでしょう。

a0351695_232259.jpg
蓼科山の山頂が見えます。

a0351695_2332138.jpg

a0351695_2334619.jpg

a0351695_2341674.jpga0351695_234377.jpg
きれいな水が湧き、 イワナかヤマメか、魚が泳いでいます。

a0351695_236171.jpg

a0351695_2365850.jpg

森の中はまだなにもありません。 花の芽吹きはこれからです。

a0351695_239867.jpg
シャクナゲの道を戻ります。

a0351695_2394773.jpg
すっきり晴れていればアルプスが綺麗に見えるのですが・・・ 眼下には女神湖。 気持ちの良い空気と爽快な眺めです。


数少ない出会った花。

a0351695_2421534.jpg

a0351695_2424087.jpg

a0351695_2431331.jpg

a0351695_2434228.jpg

a0351695_2441844.jpg

[PR]
by kojo-no-mon | 2016-05-19 02:46 | 散歩道 | Comments(0)

真田史跡めぐり ~山家神社~

 
a0351695_23503713.jpg

上田から菅平に向かう144号線を角間渓谷方面に右折し、集落の中の道を行くと 山家(やまが)神社 があります。

a0351695_001971.jpg

a0351695_031150.jpg

a0351695_034743.jpg


真田氏の氏神として、また上田城の鬼門除けとして真田氏のみならず、その後の歴代の城主、仙石氏、松平氏にも崇敬されてきました。
a0351695_023268.jpg


そのため、屋根には真田氏の六文銭(真ん中)、仙石氏の永楽通宝(右)、松平氏の五三の桐(左) の紋がおかれています。
a0351695_0111095.jpg


また、水を司る神社であり、奥宮は群馬県境の四阿山山頂にあります。
a0351695_23561957.jpg
真田氏本城跡から望む四阿山。 中央最奥。 右のピークが四阿山、左は根子岳。

四阿山山頂には2つの祠があって、長野、群馬それぞれの祠だと思っていましたが、
現在群馬県にまたがっている四阿山山頂全体は今でも長野県地であり、方や長野側に、方や群馬側に流れる水の分水嶺として、それぞれの水の行く末を見守っておられるのだそうです。

たまたま宮司さんに伺うことができて初めて知りました。
四阿山には幾度となく登っていましたが、知らずにおりました。 勉強になりました。
[PR]
by kojo-no-mon | 2016-05-04 00:44 | 散歩道 | Comments(0)

真田史跡めぐり ~真田氏本城跡~


a0351695_22474365.jpg
 旧有料菅平線から案内に従って山の方へ上っていくと、真田氏本城跡があります。

a0351695_22491373.jpg
右下は深い谷。 攻めるに難しく、守るに易しい場所だとわかります。

a0351695_2252337.jpg
土塁の名残でしょうか、段になっている緩い傾斜を上って行きます。

a0351695_22562218.jpg
4月25日、桜はおしまいでしたが、この若木はまだ名残の花をつけていました。

a0351695_22574390.jpg
a0351695_22583855.jpg
一番小高い場所が本郭。
 そこから二の郭、三の郭、と尾根伝いに続いています。

a0351695_2305728.jpg
真田の里や、御屋敷方面が見渡せます。  霞んでいます。

a0351695_2353888.jpg
一番高い峰は 東太郎山
なだらかに下る稜線の向こうに上田の街があります。

a0351695_2381838.jpg
右に目を転じると、右上に 傍陽(ひなた) の集落が見えます。 傍陽(ひなた)を抜け、地蔵峠を越えて下ったところが 松代 です。

a0351695_23164165.jpg
中央のシラカバの丸太は、『真田丸』 で、堺雅人さん扮する 真田信繁 と長澤まさみさん扮する きり が再会した場面で使われたものです。

そのすぐ横にベンチがひとつできていて、これが無粋・・・

a0351695_23152096.jpg
お弁当持って、のんびり過ごしたくなる場所です。
[PR]
by kojo-no-mon | 2016-05-02 23:28 | 散歩道 | Comments(0)

真田史跡めぐり ~長谷寺~

<2016年4月25日>
 
 2週間前は枝垂桜が満開だった 長谷寺 。
 葉桜の季節を迎えていました。
a0351695_230678.jpg

a0351695_230383.jpg


 淡い緑の枝垂れ葉桜もまたきれいです。
a0351695_2371365.jpg


 桜が満開のときは花ばかりに関心がいって、花だけを見て帰ってしまいましたが、このお寺は真田氏の菩提寺でした。

a0351695_2313898.jpg
 こじんまりした庭の裏手の墓地に、 大河ドラマ 『真田丸』 の主人公、 堺雅人さん扮する真田信繁(幸村)の祖父、真田幸隆とその正室のお墓があります。

 ドラマの中では、幸隆公はすでに亡くなっている設定ですが、その正室は 草笛光子さん が扮する 「とり」 として登場しています。
 とり は架空で、本当はなんという名前だったのかは伝わっていないそうです。

a0351695_23234861.jpg

a0351695_2324734.jpg
 墓石の前や、墓石を囲む石の囲いの上には、六文銭の形に、硬貨がたくさん供えられています。  

 ドラマにはいろいろな名前の人物が登場しますし、一族には似通った名前も多いので、誰が誰やらごっちゃになってしまうことも多いです。
 たまたま、一緒になった観光客の方が、幸隆も昌幸も幸村もこんがらかってしまっておられ、「幸隆は草刈正雄さんのお父さんです」 と言ってあげたら、 「それでわかった」 と笑っていました。

a0351695_23465030.jpg

[PR]
by kojo-no-mon | 2016-04-30 23:49 | 散歩道 | Comments(2)