カテゴリ:散歩道( 17 )

今年はおとなしくしてます

<2018年2月7日>

毎年、雪が積もると、
さて、どこまで行けるかな? と、
太郎山に行くのに、車で上れるところまで雪道に突っ込んで、結果スタックで汗をかく、という繰り返しでしたが、
今年は反省して、無理はしないことにしました。

a0351695_23170108.jpg
ですので、お宮の前の下の駐車場におとなしく車を置いて歩きます。

数日後の今日、果敢に上った車のタイヤの跡がありました。
a0351695_23153016.jpg
お! どこまで行ってるかな?
ここをクリアできれば、いい線いくかも?
a0351695_23152116.jpg
結果によっては明日から私も!

a0351695_23151149.jpg
さて、問題はこのカーブの坂です。
a0351695_23145940.jpg
あぁ、やっぱり・・・
ここでスタック、バックしてますね。

昨年までの私のタイヤ痕。

もうしばらくおとなしくしていなくちゃなりません。


[PR]
by kojo-no-mon | 2018-02-07 23:36 | 散歩道 | Comments(2)

Hello!

<2018年1月6日>

 太郎山で、アメリカ人のグループに会いました。

 まず、二人の女性。
 二人ともとても美人さんで、雪の積もった山道を駆け下ってきました。
 すれ違うときに「気をつけて」と声をかけると、一人が立ち止まって「英語話せるの?」とびっくりしたようなので、 
 「ちょっとね。 でも、長いこと英語で話すことがなかったからあまり上手くないの」
 と言うと、「だいじょうぶ、だいじょうぶ」と日本語で。 日本語もとても上手です。
 なんでも駅の近くで英会話の教室をやっているとか。
 
 そんな話をちょっとして、別れて登っていくと、数人の男女のグループに会いました。
 見るとやはり外国人。アメリカ人でした。
 「きれいなお嬢さん二人とお仲間?」と声をかけると、
 ウェストサイドストーリーに出てきそうな若い男の子が、やはり、「英語話すんだね」
 片言の英語だけど、田舎で英語で話しかけられるのは珍しいみたい・・・
 先ほどの女性たちと同じ英会話教室で教えているそうな。
 「よかったら教室に来てね」
 「時間があったらね」

 明るくて、感じの良い一団でした。

 そのあとは誰にも会わず、静かになった山を登っていくと、道端に・・・
a0351695_00501817.jpg

 Hello!


 
 
 


[PR]
by kojo-no-mon | 2018-01-07 01:26 | 散歩道 | Comments(2)

太郎山にも雪がきた

<2017年12月27日>

 11月中に一度、早すぎる積雪がありましたが、それは一日で融け去ってしまい、
 その後は天候としては比較的穏やかな日が続いていましたが、
 とうとう、太郎山にも、冬の雪がやってきました。

a0351695_0325667.jpg


a0351695_0331893.jpg


a0351695_0333725.jpg


 まだ大した量ではありません。
 登山道でもほんの数センチです。

 車も駐車場までまだ登ります。

 年明け後もしばらくは、降ってもたいしたことにはならないようですが、
 そのまま降らずにすむわけはなく、
 そのうちには間違いなくかなり積もるでしょう。

 毎年1度や2度は雪に無理やり突っ込んで車をスタックさせていますが、
 今年というか、今期は危ないことはやめ、
 積もったらおとなしく下の駐車場に停めようね。
 と、殊勝なことを思っている昨今です。

※ 今年はこれが最後のブログアップになります。
  日々の小さなできごとや、思いついたこと、
  全国区には至らない、地元のあれこれを、
  ブログタイトル通りに気ままに、自分でも楽しみながら書いてきました。

  ご覧いただき、ありがとうございました。

  来年もこんな調子で、綴っていきたいと思います。
  引き続き、おつきあいのほど、よろしくお願いいたします。

  どうぞ良いお年をお迎えください。


 
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-12-30 00:55 | 散歩道 | Comments(2)

早すぎる雪にびっくり

<2017年11月21日>

 12月末並みの寒気が日本列島にやってきたそうで、
 市街地では雨でしたが、標高差にして300メートルほどしか違わない太郎山では雪になりました。
 まだ11月なのに、まさしく12月の山の装いです。

a0351695_0403489.jpg

a0351695_0405869.jpg


 登っていると、小学校時代の同級生が下ってきました。
 同級生も頻繁に登っていますが、時間帯がずれているので会うのは久しぶりです。
 「久しぶり! 登ってる?」 と声をかけると、
 「まあね」。 続けて、 「こんな雪の日によく来るね」 ときた。
 「ああら、人のことは言えないでしょうよ」
 「そりゃそうだ」
 この辺が同級生の会話です。
 
a0351695_1131635.jpg
じゃあね、と別れ、同級生はスタスタ下っていきました。

 同級生が言うように、他には誰にも会いません。
 
a0351695_0534454.jpg


 里山は里山なりの雪景色。

a0351695_0593760.jpg
 
 
 見上げれば白い梢と白い雲。

 すがすがしい初冬の山でした。

<2017年11月23日>

 それから2日目の今日、雪は跡形もなく融けていました。

a0351695_155286.jpg


 いずれはやってくる本格的な冬の前の、デジャブのような雪景色でした。


 
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-11-24 01:15 | 散歩道 | Comments(0)

「道草」

<2017年8月22日>

 ポストに葉書を投函しながら歯医者さんに行こうと家を出ました。
 予報は曇りでしたし、実際曇りがちで、気温も25度ほどでしたから、
 コンデジでも持って、散歩がてら歩いて行こうかと・・・
 魔が差したとしかいいようがありません。
 歩き始めは良かったのですが、じきに日がさし始め、と同時に、前夜雨が降りましたから、湿気が一気に上がって蒸し暑いことといったら!
 引き返して車で、と思ったものの、引き返している間に歯医者さんに着いてしまいますから、そのまま「道草」収集しながらぶらぶら歩きました。
 
a0351695_01274009.jpg

すっかり野草化したアサガオ。


a0351695_01275307.jpg

ヘクソカズラ。 よく見れば花はかわいいのですけど・・・


a0351695_01282941.jpg

ムクゲが元気に花盛り。


a0351695_01284131.jpg
日が上がったので、マツヨイグサはさすがにしぼんでいます。

a0351695_01285507.jpg
アマヅル。その名の通り食べると甘いらしい。


a0351695_01290940.jpg
少し気が早くないですか?

a0351695_01292466.jpg
1時間後、アサガオはしぼみ始めていました。















[PR]
by kojo-no-mon | 2017-08-25 10:19 | 散歩道 | Comments(2)

様子見 と 実行

 時間のやりくりがつかず、 3週間ほどご無沙汰の山です。
 雪の状態はどんな様子か、見に行って確かめてきます。

a0351695_136978.jpg<2017年2月13日>
ここまでは問題なし。 道の雪はほとんど融けていました。



<2017年2月15日>
同様です。


a0351695_138645.jpg<2月13日>
最初の直線とその先のカーブ。
なんとか行けるでしょう。



<2月15日>
CLEAR!

a0351695_1415934.jpg<2月13日>
このS字カーブが問題ですが、
大きくコースをとればタイヤをとられず、登れそうです。



<2月15日>
CLEAR!

a0351695_1474776.jpg<2月13日>
おや、ここで苦戦して戻っている車があったようです。
行けそうな気がします。
凍っていませんし、表面も緩んでいます。
スピードの維持が鍵かな?


<2月15日>
CLEAR!

a0351695_151752.jpg<2月13日>
この先は新たなタイヤの跡がありません。
ここしばらく誰も行っていないようです。
見えている橋の手前の坂を上れればいいのですが・・・

<2月15日>
CLEAR!
でしたが、橋でその先を考えた瞬間、
一瞬躊躇してアクセルを緩めてしまいました。
しまった! 
せっかく橋まで来たのに・・・


a0351695_215457.jpg
<2月15日>
橋の上から振り返って撮っています。
いったん止まったら前進はもうできないので、バックで戻り、方向転換して路肩に置いてきました。

ここまで来れたら、もうちょっとで登山口まで行けたのになあ・・・

a0351695_2132169.jpg<2月13日>
橋を渡ったすぐのところ。
ここがちょっと気になっていたので、
つい迷ったのよね・・・


暖かな日が2日ほど続くそうなので、来週になれば登山口まで車で上がれるでしょう。
限られた時間の中では、登山口まで車で来れるのが大事だもの。
[PR]
by kojo-no-mon | 2017-02-17 02:21 | 散歩道 | Comments(2)

大山祇神社

 太郎山に向かう林道の入り口に里宮の小さなお社があります
a0351695_00340683.jpg
 1月12日、
 太郎山に行こうと通りかかると、お祭りが終わったところでした。
 お祭りといっても、地区の人が10人ほどでお神酒をあげ、お参りしたくらいのようでした。

 私もお参りして、山に向かおうとしたら、
 「これひとつ」と紙袋に入った御供をいただきました。
 家に帰って中をみると、Lサイズくらいのみかんと、豆菓子と柿の種の小袋が3つ。
 ありがたくいただきました。

 里宮は 大山祇神社 です。
 大山祇神社の総本社は、瀬戸内海、「しまなみ海道」が通る 大三島にあります。
 今年、「しまなみ海道」を渡ることになるかもしれません。
 大三島に立ち寄れたらいいな、と思います。

a0351695_01055466.jpg
 太郎山に登って戻ってくると、
 みなさんはすでに帰ってしまっていて、誰もいません。
 供えられたみかんが残っていなければ、
 夢だったのかと錯覚してしまうような、静かな祭りの後です。
 
 

 

[PR]
by kojo-no-mon | 2017-01-14 01:10 | 散歩道 | Comments(2)

信州大学繊維学部

 前あったスーパーが移転して以来、あまり歩くことがなくなった用水路沿いの道は、信州大学繊維学部の裏手にあります。

 古いレンガづくりの建物の奥に、真新しい現代のビル。
 全国的にもめずらしい 「繊維学部」 のキャンパスです。
a0351695_1121482.jpg

[PR]
by kojo-no-mon | 2016-10-14 01:13 | 散歩道 | Comments(0)

お月見まだかな

 近くの休耕田にガマが自生しています。
 お月見のころにはもっと大きくなっているでしょうか。

a0351695_243667.jpg

[PR]
by kojo-no-mon | 2016-09-09 02:44 | 散歩道 | Comments(0)

過ぎ行く夏の高層湿原

 下界が暑い日、ちょっと涼みに行くのが湯の丸の 池の平湿原 です。

 8月上旬、30度を超える我が家を抜け出し、一路山へ。
 
 夏の盛りのころですが、2000メートルの高層湿原には、早や過ぎてゆく夏の気配がありました。

a0351695_2258016.jpg


a0351695_22584440.jpg


a0351695_22591245.jpg


 出会った花々。

a0351695_2324210.jpg


a0351695_2332250.jpg


a0351695_2335941.jpg


a0351695_237044.jpg


a0351695_2373460.jpg


a0351695_238899.jpg


a0351695_2383771.jpg


a0351695_239243.jpg


a0351695_2393791.jpg


ぎりぎりになりましたが、8月中にアップできて良かった。
[PR]
by kojo-no-mon | 2016-08-31 23:12 | 散歩道 | Comments(2)